矯正歯科って普通の歯科とは違うの

矯正歯科について、通常の歯科とはどう違うのか、正しくご存知ですか?矯正歯科とは、悪い噛み合わせや歯並びを、矯正器具や装置を使用して歯や顎の骨に力をかけ、ゆっくりと動かして、きちんとかみ合うようにして、きれいな歯並びにしていく歯科治療です。通常の歯科のように、虫歯を削ったり差し歯を作ったりすることは、基本的にありません。受け口や出っ歯、八重歯、乱杭歯などの場合は、矯正治療をすることで、安定した噛み合わせと歯並びに治すことができます。

見えにくい治療を行う矯正歯科

矯正歯科では、叢生や顎の前突などいろいろなタイプの不正咬合を治療しています。歯並びや噛み合わせの治療を希望する他の多くがその理由としてあげるのが、見た目をきれいにしたいということです。しかし、長期間にわたることの多い矯正治療では、治療中に歯に目立つ器具が装着されることに抵抗感を示す方も少なくありません。そこで矯正歯科では、治療中の審美面にも考慮した治療方法を各種導入しています。矯正装置を歯の裏側に付ける裏側・舌側矯正やマウスピース式の矯正、透明な矯正装置などが使われています。

↑PAGE TOP