矯正歯科は子どものうちに通う

歯並びが気になったときには矯正歯科に行くと良いです。子どものときに治療をしておくと骨がまだ固まっていないので、大人の時よりも短い期間で治療が終了します。見た目にも気にならない年頃なので、早めに治療をすると良いです。矯正歯科では事前に検査をする必要があって、歯型も取ることがあるのですが、負担に感じる場合には事前に歯医者に伝えておくと良いです。治療をするときには定期的に通う必要があるのですが、徐々に通う頻度も少なくなってきます。

マウスピース矯正は時間をかける

素敵な笑顔を作るためにも歯の矯正を行う人は少なくはありません。その最終段階として必要なのがマウスピースです。マウスピースはその人の歯型に合わせた型を作るため、月日によって歯並びが変わってくるのを防いでくれます。マウスピース矯正は日中ははずして夜寝る時につけるという簡単な方法で十分効果があります。せっかく矯正をしてキレイになった歯並びをキレイな状態に保つためにも、治療後もマウスピースを利用するようにするとよいでしょう。

↑PAGE TOP